垂井の家

中山道の宿場町だった垂井町住宅街に建つ2世帯住宅の建替え。
変形敷地の外形に建物の軸線を振りながら間取りを計画。
屋根廻り、玄関引戸やバルコニー腰壁に天然木をあしらいながら外観を整えました。
内装のデザインは床から天井までの線を意識しシンプルに仕上げている。
建物窓の配置を室内壁に各所寄せることで光が壁天井を回るように計画し明るい印象を受けるよう計画。
室内建具はすべて造作建具を使用し、シンプルな内装が落ち着きのある印象となるよう配慮した。

宿場町として栄えた町の一角、住宅の建て替えです。
建て替え前の軒を抑えた外観を継承できるよう要望をまとめ、
全面道路からの見掛けに高さを抑えた
屋根構成を考え落ち着きのある計画をしました。
外観に調和の取れた和モダンの住宅を演出する
落ち着きのある玄関ホールとしました。

用途  専用住宅
建築面積 143.64㎡
延床面積 236.34㎡
設計・工事監理  アトリエそらまめ一級建築士事務所 落合
施工       株式会社いとさし
竣工時期     2016年11月

アトリエそらまめ一級建築士事務所
PAGE TOP