岡崎の家

住宅が立ち並ぶ区画の最南端。接道する南道路の向こうには田んぼが広がり、夏には青々とした稲が遠方まで広がり、
その敷地を購入し新築単世帯を計画した。
車通りの多い前面南側道路を視界から排除し、遠方の田園風景を取り込もうと二階にメインとなるLDKを計画。
景色をより取り込むためバルコニーはワイヤー手摺を採用した。
その際に植えた庭木は、手摺越しに手が届く関係性を持たせ、緑と生活空間との距離を縮めている。

建築地 愛知県岡崎市
用途  専用住宅
建築面積 60.40㎡
延床面積 118.43㎡

設計・工事監理 アトリエそらまめ一級建築士事務所 落合
施工      株式会社アールプランナー
竣工時期    2015年10月

アトリエそらまめ一級建築士事務所
PAGE TOP